SUPER RUGBYスーパーラグビー

メニュー

大会方式

組分け

参加18チームを「オーストラリア・ニュージーランドグループ」(10チーム)と、「南アフリカグループ」(8チーム)に分け、それぞれを、「オーストラリアカンファレンス」(5チーム)、「ニュージーランドカンファレンス」(5チーム)、「アフリカ1カンファレンス」(4チーム)、「アフリカ2カンファレンス」(4チーム)に分ける。

AUSTRALASIAN GROUP
オーストラリア/ニュージーランドグループ
AISTRALIA CONFERENCE
オーストラリア
カンファレンス
NEW ZEALAND CONFERENCE
ニュージーランド
カンファレンス
ブランビーズ ブルーズ
フォース チーフス
レベルズ クルセイダーズ
レッズ ハイランダーズ
ワラターズ ハリケーンズ
SOUTH AFRICAN GROUP
南アフリカグループ
AFRICA1 CONFERENCE
アフリカ1
カンファレンス
AFRICA2 CONFERENCE
アフリカ2
カンファレンス
ブルズ ライオンズ
チーターズ シャークス
ストーマーズ キングズ
サンウルブズ(日本) ジャガーズ(アルゼンチン)

レギュラーシーズン

全17節、各チームに2節の休みがあり、各チームが15試合を行う

サンウルブズの内訳は以下の通り

6試合=南アフリカグループのチームは、同カンファレンスの他3チームとホーム&アウェー。
5試合=オーストラリア・ニュージーランドのいずれかのカンファレンス全チームと対戦。翌年は違うカンファレンス。
4試合=南アフリカの他のカンファレンスと各1回対戦。

※「オーストラリア、ニュージーランドグループ」は、他4チームのうち2チームとホーム&アェーで4試合、2チームと1試合ずつ2試合。南アフリカグループのいずれかのカンファレンスと4試合。グループ内の別カンファレンス全チームと5試合。


ポイント制

勝ち=4点、引き分け=2点、負け=0点
ボーナスポイント(各1点)

  • 相手より3トライ以上多く獲得。
  • 7点差以内の負け

プレーオフ進出(8チーム)決定方法

4つのカンファレンスの1位チームは準々決勝進出(ポイントでシード順を決める)。ワイルドカードは、オーストラリア・ニュージーランドカンファレンスの1位以外のうち、ポイントの多い3チーム。南アフリカグループのカンファレンス2位のうちポイントの多い1チーム(ポイントでシード順を決める)。

SOUTH AFRICAN GROUP
南アフリカグループ
AFRICA1 CONFERENCE
アフリカ1
カンファレンス
AFRICA2 CONFERENCE
アフリカ2
カンファレンス
ブルズ ライオンズ
チーターズ シャークス
ストーマーズ キングズ
サンウルブズ(日本) ジャガーズ(アルゼンチン)

各カンファレンス1位
※シード順は勝ち点による
シード1 シード2 シード3 シード4

ワイルドカード

シード5 シード6 シード7 シード8

AUSTRALASIAN GROUP
オーストラリア/ニュージーランドグループ
AISTRALIA CONFERENCE
オーストラリア
カンファレンス
NEW ZEALAND CONFERENCE
ニュージーランド
カンファレンス
ブランビーズ ブルーズ
フォース チーフス
レベルズ クルセイダーズ
レッズ ハイランダーズ
ワラターズ ハリケーンズ

プレーオフ

準々決勝の勝者の中から、最初のシード順を考慮して組み合わせを決める

プレーオフセミファイナル