ROUND4 シャークス vs. ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ 試合終了後コメントのお知らせ

● ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチからのコメント

シャークスは全ての要素にわたって強かったと思います。我々は最初の20 分はシャークスにプレッシ
ャーを与えることができていましたが、しとめきれず逆に追いかける展開となり、それがチームにプレ
ッシャーを与えさらにミスに繋がる結果となりました。シャークスは向上していますが、私たちも一つ
の特定エリアだけではなく、全てにおいて成長しなければなりません。次戦の対戦相手・ライオンズは、
過去 2 年ファイナルに出ている強豪チームです。彼らは自分たちの役割をよく知っていて、その役割を
とてもよくこなすチームです。この試合は私たちにとっては挑戦になるでしょう。

● 姫野 和樹からのコメント
フィジカルの部分で食い込まれ、自分たちが受け身になってしまったところからどんどん後手にまわ
ってしまいました。また、南アフリカの気候に対してもしっかりと対応ができていませんでしたが、来
週の試合に向けて、南アフリカの環境や自分のコンディションを体験できたことは、よかったと思いま
す。次の試合に向けしっかりとマインドセットしてやっていきたいです。

● 内田 啓介からのコメント
相手にプレッシャーをかけるということを意識していましたが、結局自分たちにプレッシャーをかけ
てしまい、相手に楽な思いをさせてしまったところが一番の敗因だったと思います。いいプランも用意
していましたが、プランを遂行仕切るというところが足りませんでした。細かいところを意識してプ
レーできている時は、スコアにも繋がっていますし、相手にもプレッシャーをかけることができていま
したが、それが失われた時に、相手に食い込まれたり反則を犯してしまったりしているので、細かいと
ころでも負けてしまいました。勝つためには 80 分間継続して戦わなければいけないと、あらためて感じ
ました。

● 立川 理道からのコメント
前半からも自分たちのプラン通りにできた時とできなかった時がありました。キックのプランもうま
く運べていたのですが、ペナルティが続き相手にリズムを取り戻させてしまい反省が残ります。自分は
ゲームをコントロールする役目で、もう少しうまくコントロールして全体的にリードしていきたかった
のですが、うまくいかない部分が少し多かったので、そこをしっかり修正して、よかったところはしっ
かり伸ばして次に繋げていきたいです。

● 石原 慎太郎からのコメント
個人的には、シャークスに向けて準備してきたこと、日本国内で自分のやってきたことが、どれくら
い通用するか試すいい機会でした。こういう結果になり、いまの自分の位置も分かりましたし、次に繋
げなければいけない敗戦だと思うので、しっかり前を向いて頑張ります。このツアーもあと1試合ある
ので、アウェイで初勝利を掴むチャンスはまだ残っています。

前の記事へ ニュース一覧へ 次の記事へ