大久保 直弥氏をアシスタントコーチに招聘

一般社団法人ジャパンエスアール(東京都港区、会長:上野裕一、CEO:渡瀬裕司)は、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズのアシスタントコーチ(フォワードコーチ)として、NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス所属の大久保 直弥氏を招聘したことをお知らせいたします。

なお、同じくNTTコミュニケーションズ シャイニングアークス所属のラーボニ・ウォーレンボスアヤコ選手の当チームへの合流につきまして、派遣期間開始日は5月7日(月)としましたが、5月9日(水)からとなります。訂正しご連絡いたします。

【プロフィール】
大久保 直弥 (Naoya Okubo) アシスタントコーチ (フォワードコーチ) 

派遣期間開始日: 2018年5月9日(水)
生年月日:       1975年9月27日
出身:  神奈川県 
経歴:
法政第二高校卒業後、法政大学に入学。大学からラグビーを始めた。
卒業後はサントリーに入社。社会人2年目には日本代表に選出され 23キャップを獲得(1999,2003年ワールドカップ出場)。
2004年ラグビー王国ニュージーランドにてサウスランド州代表にも選ばれた。
引退後2010年度よりサントリーFWコーチを務めたのち2012年度より3シーズン監督を務め、10年度からの日本選手権3連覇、11年度からのTL2連覇に貢献。
現在は、NTTコミュニケーションズ シャイニングアークスのFWコーチとして活躍中(2015~)。現役時のポジションはFL。

前の記事へ ニュース一覧へ 次の記事へ