青山ラグビーパーク第6弾 ラグビーをリアルに体験できるVRブースが登場!

一般社団法人ジャパンエスアール(東京都港区、会長:上野裕一、CEO:渡瀬裕司)と国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(東京都江東区、代表取締役社長:木下伸、以下「J SPORTS」)は、4月14日(土)に秩父宮ラグビー場で開催されるヒト・コミュニケージョンズ サンウルブズの国内第5戦ブルーズ戦にて、サンウルブズのVRコンテンツを体験できる「サンウルブズVR体験ブース」を共同で開設します。

当日は、秩父宮ラグビー場のメインスタンドコンコースに、ドーム型VRスペース(※1)とヘッドマウントディスプレイ型の2種類を用意し、サンウルブズ選手によるスクラム練習やウエイトトレーニングなどラグビーをリアルに感じられる迫力のVR映像を体験することができます。

「ドーム型VRスペース」は、ヘッドマウントディスプレイを使わずに、臨場感あふれる映像を視聴できるプラネタリウム型の新体感VR視聴スペースです。年齢制限なく幅広い方々にVR映像を体験いただける上、KDDI提供の「ドーム型VRスペース」によるラグビー映像の放映は国内初の試みとなります。ぜひ、試合観戦と共に迫力のサンルブズVR映像を体験ください!


<ドーム型VRスペースイメージ>       



<ヘッドマウントディスプレイ型VRイメージ >



※1. ドーム型VRはKDDI株式会社の提供となります。

前の記事へ ニュース一覧へ 次の記事へ