NEWSニュース

メニュー

ニュース

ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ
2018シーズン アシスタントコーチ決定のお知らせ

チーム2017.11.30

一般社団法人ジャパンエスアールは、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズの2018シーズン アシスタントコーチを、下記のとおり決定いたしました。
新任として、アタックコーチに日本代表アシスタントコーチを務めるトニー・ブラウン氏、ディフェンスコーチに神戸製鋼コベルコスティーラーズでもアシスタントコーチを務めるスコット・ハンセン氏の就任が決定いたしました。
なお、10月に日本代表ディフェンスコーチの退任が発表されました、ベン・ヘリング氏は、2017シーズンをもって、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズのディフェンスコーチを退任いたしました。

■アシスタントコーチ(アタックコーチ) ★新任

トニー・ブラウン(Tony Brown)
1975年1月17日生まれ、ニュージーランド・Balclutha出身。

ニュージーランド代表経験、また2004~2010年までは三洋電機ワイルドナイツ(現パナソニック ワイルドナイツ)でプレーの経験がある。引退後は2011年にパナソニック ワイルドナイツでバックスコーチを務めた後、2012〜2014年にITM カップ(現Mitre10カップ)のオタゴのヘッドコーチ、2013〜2016年は現日本代表並びにサンウルブズヘッドコーチを務めている
ジェイミー・ジョセフヘッドコーチのもと、スーパーラグビーのハイランダーズでアシスタントコーチを務め、2017年にはヘッドコーチとしてチームを率いた。2016年から、日本代表アシスタントコーチを務めている。


■アシスタントコーチ(ディフェンスコーチ) ★新任

スコット・ハンセン (Scott Hansen)
1976年1月24日生まれ、ニュージーランド・クライストチャーチ出身。

2012年~2014年にスーパーラグビーのクルセイダーズでハイパフォーマンスリソースコーチとしてチームに関わる傍ら、 ITMカップ(現Mitre10カップ)のカンタベリーでディフェンスコーチを務め、2012、2013シーズンはチームを優勝に導いた。また、2014年にはカナダ代表チームで、ルーマニア、サモア、ナミビア代表戦の3試合でバックスコーチとして参加、2015、2016年はイングランド・プレミアシップのレスター・タイガーズでディフェンスコーチなどを務める。2017年に、ラグビー トップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズのアシスタントコーチに就任した。


■アシスタントコーチ(スクラムコーチ)

長谷川 慎(Shin Hasegawa)
1972 年3 月31 日生まれ、京都府出身、現役時代のポジションはプロップ。

京都ラグビースクールで4歳からラグビーを始め、七条中学、東山高校、中央大学を経てサントリーに入社。1997年の対香港戦初キャップから、日本代表として40キャップ。1999年W杯ウェールズ大会で3試合、2003年のオーストラリア大会では、4試合全てに出場した。2007年の現役引退後はサントリー サンゴリアスのアシスタントコーチ、ヤマハ発動機ジュビロのフォワードコーチを務め、現在は日本代表のスクラムコーチも務めている。現役時代にノウハウを培った、スクラムの指導に定評がある。
ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズは2018シーズンで2季目の参加となる。


■アシスタントコーチ(スキルコーチ)

田邉 淳(Atsushi Tanabe)
1978年6月25日生まれ、奈良県出身。

ニュージーランドの高校、大学を卒業し、2001年に三洋電機(現パナソニック)に入社。パナソニック ワイルドナイツでは106キャップの経験があり、日本代表としても3キャップを獲得している。トップリーグ個人賞としては、得点王、ベストキッカー、ベストフィフティーンの受賞経験があり、ベストフィフティーンは3度(2008,2010,2011)受賞している。引退後はバックスコーチとしてワイルドナイツを支え、同クラブを優勝へ導いてきた。また、スーパーラグビー2016シーズンでは、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズで、スーパーラグビー初日本人アシスタントコーチとして、バックス/スキルコーチを務めた。
2018 シーズンで3季目の参加となる。

以上になります。皆様の応援をどうぞよろしくお願い申し上げます。