NEWSニュース

メニュー

ニュース

ジェイミー・ジョセフ 新ヘッドコーチ就任のお知らせ

チーム2017.09.29

ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズの運営法人である、一般社団法人ジャパンエスアール(会長:上野裕一)ならびに公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(会長・岡村 正)は、スーパーラグビーを運営するSANZAARとの連携の上、過去2シーズンのレビューをもとに、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズに対する重要な組織改編を決定いたしました。
                                                   
また一般社団法人ジャパンエスアールは、サンウルブズがスーパーラグビーへの参戦を続け、近い将来優勝を争えるチームへ進化するために、チームの再構築に向けての変更を決断しました。この変更により、日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフが、サンウルブズのヘッドコーチを兼任することとなり、フィロ・ティアティア ヘッドコーチの退任が決定いたしました。

この決定にいたるまで、ティアティア ヘッドコーチ本人とも協議いたしましたが、彼は新たな挑戦をすることを選び、スーパーラグビー2017シーズンをもって、2シーズン、アシスタントコーチ、ヘッドコーチとして率いてきたサンウルブズを去ることになりました。
 
◆フィロ・ティアティア前ヘッドコーチ コメント 
「私はこのサンウルブズとの2年間を本当に楽しみましたし、自分自身を誇りに思います。私はよりよいパフォーマンスを築いてきたこの2017シーズンの後に去ることとなり、とても残念に思います」
          
 ◆ジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ コメント
「まず初めに、フィロ・ティアティア前ヘッドコーチに、日本ラグビーとサンウルブズへ多大なる貢献をしてくれたことへの感謝の言葉を申し上げたいと思います。彼は、2019年ワールドカップ成功に向けた日本代表強化において、不可欠な役割を果たしてくれたと思います。
私は新しいヘッドコーチとして、このレベルにおける責任の重大さはよく理解しております。過去にはハイランダーズでのヘッドコーチの経験もありますし、今回のこの大きなチャレンジを大変楽しみにしております」
 
◆ジャパンエスアール 上野裕一会長 コメント
「サンウルブズ、選手、スポンサーの皆様、そしてファンの皆様を代表して、ティアティア前ヘッドコーチのチームへの多大なる貢献に感謝したいと思います。彼がいなくなることは大変惜しまれます。彼と彼の家族の大いなる幸福と、益々の活躍をお祈り申し上げます」

◆ジャパンエスアール 渡瀬裕司CEO コメント
「サンウルブズはティアティア前ヘッドコーチのリーダーシップの下、世界で最も強豪の集まるトーナメントにおいて、スタイルと地位を確立しました。私たちは、スーパーラグビーのすべてのチームが過去に経験したのと同様に、このタフなトーナメントにおいてサンウルブズがその地位を確立したこと、そのために彼がヘッドコーチとして残した貢献に対して、賛辞を贈りたいと思います。彼のコーチとしての今後の活躍と、家族の幸せを願っています」 

 
◆ジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ プロフィール
  • 出身地:
    ニュージーランド・ブレナム
  • 生年月日:
    1969年11月21日(48歳)
  • 学歴:
    オタゴ大学
  • 代表歴:
    ニュージーランド代表 20CAP、日本代表 9CAP
  • 現役時代の主なポジション:
    FL、No.8
  • 経歴
    1989-1995
     ニュージーランド・オタゴ州代表
    1991-1995
     ニュージーランド・マオリ代表(現マオリ・オールブラックス)
    1992-1995
     ニュージーランド代表(20CAP)
    1995
     ラグビーワールドカップ出場(ニュージーランド代表/準優勝)
    1995-2000
     日本・サニックス(現宗像サニックスブルース)、日本代表(9CAP)
    1999
     ラグビーワールドカップ出場(日本代表/プール戦敗退)
    2003-2007
     ニュージーランド・ウェリントン アシスタントコーチ
    2006,2010-2012
     ニュージーランド・マオリ代表 ヘッドコーチ
    2008-2010
     ニュージーランド・ウェリントン ヘッドコーチ
    2011-2016
     ニュージーランド・ハイランダーズ(スーパーラグビー)ヘッドコーチ
     ※2015シーズン優勝