NEWSニュース

メニュー

ニュース

スーパーラグビー2017 南アフリカグループ ラウンド17
ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ vs.ブルーズ
試合終了後コメント

スーパーラグビー2017.07.15

Q:暑い中での試合だったが、どのように選手を送り出したか?
フィロ・ティアティア ヘッドコーチ
「毎回自信を持って選手を送り出しています。そのことは今までと変わりません。今回の南アフリカ遠征では
、たくさんの学びがありました。
この3週間で、ゲームプランを少し変化を加えました。そして選手たちにはそれをクリアに落とし込んでいき
ました。そのことが、今日のパフォーマンスが生まれたと思います」

Q:ライオンズ戦での大敗後の、チームのメンタルタフネスについて
フィロ・ティアティア ヘッドコーチ
「ライオンズ戦では、とても大きな学びがありました。コーチとして、選手として、そしてリーダーとして。
その中で、キーメッセージとして伝えたことは『コントロールできることをコントロールしていこう』という
ことです。
今回の試合については、ブリッツ選手をはじめとしたリーダー陣に大きな成長が見られたと思います。彼らを
誇りに思っています」

Q:今日のいちばんの勝因は?
ヴィリー・ブリッツ ゲームキャプテン
「先ほどフィロからも話がありましたが、23人全員がリーダーとして戦えた試合だった。練習のときから、1
人1人がリーダーになっていこうと言い続けた1週間でした。試合のどこかの局面では、1人1人がリーダー
にならなければいけない、今日は23人全員がハートを込めた試合ができました。1週間、強度を上げたトレー
ニングを行ってきたことも、ディフェンスの強度に繋がったと思います」

Q:逆転したモールの際に、ラインアウトを選択した理由は?
ヴィリー・ブリッツ ゲームキャプテン
「ブルーズのジェローム・カイノがシンビンで退場になり、FWは8-7になったので、これはいけると、みん
なでそう考えました。1人1人のスピリットもとても高くて、自然にそのような決断に繋がりました。この1
週間、『スイング ザ バット~バットを振り切れ』というテーマを掲げてきました。その結果、8人全員が
そのような決断をすることができました」

Q:CTB2人のディフェンスについて
ヴィリー・ブリッツ ゲームキャプテン
「CTB陣はDFで大変貢献たしてくれました。試合の読み、ヒットするところ、1-1でのタックルがしっかり決ま
っていました。彼らのすばらしいプレーで、チーム全員に勢いを与えてくれました。そこからターンオーバー
というのが生まれたと思います」

Q:2勝したことの意味をどう考えるか?
渡瀬 裕司CEO(最高経営責任者)
「今季のパフォーマンスを含めて、底上げができているという実感がありました。加えてスパーラグビーデビ
ューした選手も10人以上います。20年以上、この舞台でプレーしているチームに対して我々も成長できている
という実感はありましたが、昨年は1勝でしたし、それを上回る2勝目を、しかもニュージーランドのチーム
からあげられたというのは、我々にとって大きな財産になると思います」

フィロ・ティアティア ヘッドコーチ
「天候というのは、我々にはコントロールできないところではありますが、その中でうまく調整をしたのでは
ないかと思います。今日は今季で最高のパフォーマンスを見せることができました。選手はよく耐え、しっか
り競れた80分間だったと思います。暑い中でしたが、世界一のファンの皆様の応援が最後までサポートしてく
れ、選手にもファンにも最高の1日になりました。
先ほど、よいプレーをしていた選手の話が出ていましたが、具智元の活躍について話したいと思います。彼は
ずっとケガをしていましたが、それに耐えながらリハビリしてきて今日の試合で活躍してくれました。スター
トから終了までの彼のプレーを誇りに思っています。彼はすばらしい才能の持ち主で、今日はすばらしいプレ
ーをしてくれました。また、大戸裕矢を合流させてくれたヤマハ発動機にも感謝しています。サム・ワイクス
の脳しんとうなどの影響でSOSを出さざるを得なくなりましたが、彼はすぐに合流し、勇敢に戦ってくれました
。ラインアウトで谷田部洸太郎やブリッツが声を出して勇敢に戦ってくれました。

Q:パフォーマンスが安定しないシーズンでもありましたが、来季に向けての改善点は?
フィロ・ティアティア ヘッドコーチ
「このあと、シーズンの振り返りを行い、しっかりと考えたいと思います。今季は選手の入れ替えなども何度
もありましたが、私がうれしかったのは、それでも選手たちが向上したい、サンウルブズのジャージを着たい
、そしてリコンディショニングして戻ってきたいと言ってくれたことです。私はこのチームが大好きですし、
このあと振り返りを行って改善点を考えていくことも楽しみにしています。
今日のパフォーマンスだけでなく、今季のネガティブなところも振り返らねばいけませんが、まず今日はこの
勝利を家族、選手、そしてスタッフたちと喜びたいと思います。ラグビーで大切なことは、成績ももちろんで
すが出会いという財産を与えてくれることですので、また来季も皆さんにお会いできることを楽しみにしています」

------
●選手コメント
ティモシー・ラファエレ 選手
「非常に暑い中での試合でしたが、チームメイトのために、サポーターのためにと考えた結果、いいプレーにつながりました」

福岡堅樹選手
「今日の試合応援ありがとうございました。こんなに暑い中、応援があったことが力につながったと思います。これで今シーズンのサンウルブズの試合は終わりですが、これからも成長を続け、2019年のシーズンに向けて力を付けていくので、来シーズンも応援宜しくお願いします」 

具智元選手
「最終戦で初めて3番を着られたこと、大変うれしく思っています。これから、自分のチームに戻りますが、来年もサンウルブズで試合ができるよう、頑張ります」
------

◆スーパーラグビー2017 南アフリカグループ ラウンド17

ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ 48-21 ブルーズ
2017年7月15日(土)12:05キックオフ/秩父宮ラグビー場